ニュース

07

Sep. 2020

aScope内視鏡の販売数、全世界で100万本達成

Ambu社は、2019年10月から2020年9月までに、世界のaScope内視鏡販売本数100万本を達成しました。
Ambu社は、2009年に世界で初めてシングルユース軟性気管支鏡、Ambu aScope ブロンコの販売をスタートし、2019年には60万本以上を6000以上の施設で使用されました。

販売名:Ambu aScope ブロンコ 認証番号:231AFBZI00026000

01

Oct. 2020

ホームページリニューアルのお知らせ

アンブ株式会社のホームページがリニューアルされました。

07

Oct. 2020

シングルユース膀胱鏡 aScope™ 4 シスト 認証取得、11月上市予定

2020年10月1日付で、Ambu社製 シングルユース膀胱鏡 Ambu® aScope™ 4 シストは薬事承認を取得し、2020年11月より販売を開始する予定です。(販売名:Ambu aScope シスト 認証番号:302AFBZI00095000)

本製品の販売と併せ、専用モニタのエービュー2アドバンス(販売名:Ambu エービュー 2アドバンス 届出番号: 13B2X00117000053) の販売も開始いたします。

業務委託契約に基づき、受発注業務につきましては、株式会社メッツ(本社:東京都足立区)が行い、販促活動および製品不具合等発生時の対応につきましては、アンブ株式会社(本社:東京都中央区)が行います。

本製品は、滅菌済みのシングルユース膀胱鏡であり、毎回新品で交差感染リスクの低減、リユーザブル内視鏡にかかる再処理や修理費などのコスト削減の他、病院のワークフロー効率化が期待できます。

シングルユース膀胱鏡 aScope 4 シストの日本での上市について、Ambu社CEO フアンホセ・ゴンザレス(Gonzalez, Juan Jose) は、“日本は世界第2位の内視鏡市場であり、日本の泌尿器科医、そして患者さんにシングルユース膀胱鏡を提供できることは大変うれしい。シングルユース内視鏡は、交差感染のリスクを低減し、また、リユーザブル内視鏡に必要な再処理プロセスを削減できることで注目されている。”とコメントを発表しています。

(コメント原文)
"Japan is the second largest endoscopy market in the world and we are happy to be able to supply Japanese urologists and their patients with a single-use cystoscope. We know that there is great interest in exploring a single-use scope because it eliminates the risk of cross-contamination and the need for reprocessing of scopes – cutting healthcare costs and freeing staff from exposure to chemicals during reprocessing.”

本製品は、2020年4月よりアメリカ合衆国でも上市しています。

お問い合わせは、アンブ株式会社(03-6222-8723)または、contact-japan@ambu.comまで、ご連絡ください。

keyboard_arrow_up