当社の歴史

1937年以来、私たちは、効率的な医療ソリューションを実現するための取り組みを、画期的なアイデアで推進してきました。

生活を快適に

Ambu社は、その企業理念として、医師の業務を快適にしたい、そして命を救うことができる革新的な製品を開発したいという希望を常に持ってきました。Ambu社の鍵はイノベーションと起業家精神です。今までもずっとそうでした。これからも、それは変わりません。

当社の歴史

1937年、エンジニアのHolger HesseがTesta研究所を設立し、これが後にAmbu社となります。Hesseは、患者さんと医師に変化をもたらす製品を開発しています。Sicca Haemometerは、個人開業医が血液サンプルを外部の実験室に送ることなく、血液中のヘモグロビンの量を測定できることを可能にする最初の製品です。

Ambuバッグ

1956年、麻酔医のHenning Rubenと共同で開発されたAmbuの換気バッグが市場に登場したときに、真の意味でのブレークスルーが実現しました。これは世界初の自己膨張式人工呼吸器であり、救急医療機器における重要なマイルストーンの1つです。Ambuバッグは、病院と救急サービスの取扱製品では、欠かすことができない製品となりました。Ambuの前身であるTesta研究所は、成長を続けています。

成長

60年代から70年代にかけて、故人となったHolger Hesseの妻であるHesse夫人が率いるTestaは、成長を続けました。マネキン、PEEPバルブ、ECGシミュレーターなど、重要な製品が発売されました。
 
70年代後半までに、Ambu製品については絶大な需要が生まれました。グローバルな流通ネットワークと販売会社によって、全世界での医療とトレーニング分野におけるAmbuの立場は強固なものとなりました。製品は現在、次の2つのカテゴリに分類されます。蘇生製品とトレーニング製品です。


Ambuの名称が生まれる

1986年、Testa研究所は社名をAmbu Internationalに変更し、6年後、念願の証券取引所への上場を果たしたことで、Ambuは正式に国際企業として評価されました。 

電極事業

2001年、Ambuはヨーロッパ最大の電極メーカーであるMedicotestを買収しました。この買収により、BlueSensorと呼ばれる高品質な電極の大きなポートフォリオを手に入れました。そして、Ambuの生産をデンマークからマレーシアと中国へ徐々に移行するための取り組みが開始されました。
 
また、この段階で、Ambuはシングルユースデバイスの進歩にも注力し始めました。医療コミュニティといくつかの市場ではシングルユースデバイスへの需要が存在しており、シングルユースという特徴は、少しづつ、当社の戦略の一部として統合されていきました。
 

私たちの現状

2009年に、世界初のシングルユースフレキシブルビデオ内視鏡を発売して以来、私たちは、シングルユース内視鏡検査における案内役となりました。Ambu®aScope™は、患者ケアを改善し、医療専門家のワークフローを最適化し、医療費を削減する最先端のプラットフォームです。

私たちは常に、画期的なアイデアを推進し、それらを効率的なヘルスケアソリューションへと発展させることで、重要な財産を築き上げてきました。それによって、私たちは、現在、世界で最も有名な医療機器企業の1つとなることができました。

keyboard_arrow_up