処置

Ambuシングルユース内視鏡やその他のデバイスは、さまざまな気道処置に使用できます。

挿管

臨床研究により、高度な視覚化装置を気道管理の手段として追加することの利点が裏付けられています。aScope 4 ブロンコおよび King Visionは、あらゆるタイプの挿管に理想的な選択肢です。

より詳しく

intubation-icon

分泌物管理

ICUにおける気管支鏡検査の最も一般的な使用法の1つは、分泌物と無気肺の管理です。aScope 4 ブロンコ ラージ気管視鏡を使用した視覚的誘導は、気管支粘膜を損傷するリスクなしに、分泌物の効率的かつ安全な除去を可能にします。

より詳しく

secretion-management-icon

BAL & BW

人工呼吸器を装着している重症患者は、ICU入院中にいくつかのリスクに直面します。
BALは、タイムリーかつ正確な診断を行うための優れた処置です。必要なときにいつでも軟性気管支鏡を即時に利用できようになっているでしょうか?

より詳しく

片肺換気

ダブルルーメンチューブまたは気管支内ブロッカーを適切に配置または位置決めするときの困難を克服するには、良き臨床上の基準として、視覚的誘導が推奨されます。VivaSightシリーズは、片肺換気を迅速かつ効果的にし、患者の安全性を高めます。

より詳しく

ベッドサイドPDT

PDT中の気管支鏡誘導は患者の安全性を高めます。aScope 4 ブロンコには、PDTでの気管支鏡の使用に通常伴うあらゆる修理費用が不要になるという明確な利点があります。さらに、交叉感染のリスクを排除します。

より詳しく

トレーニング

機材の不足と、高価な内視鏡システムが損傷することへの恐れを原因として、挿管や気管支鏡検査のスキルに関する訓練が妨げられています。シングルユースのaScope 4 ブロンコスコープを使用すれば、トレーニングや再処理、高額な修理のために機器を独占することに不安を感じなくてもすみます。

より詳しく

keyboard_arrow_up