ベッドサイドPDT

aScope 4 ブロンコは、内視鏡として次の分野での費用対効果が優れています: 
経皮的気管切開 

 

経皮的気管切開術(PDT)は、ICUで日常的に行われる処置です。

経皮的気管切開術(PDT)は、成人向け救急医療室で、長時間にわたる機械的換気のためにベッドサイドで行われる一般的処置です。光ファイバ気管支鏡検査(FOB)は、直接的な視界を提供し、患者の安全性を高めるため、PDT処置中のルーティン使用に推奨されます。

 

臨床ガイドラインは、PDT中の気管支鏡誘導の使用を推奨しています。 

集中治療室での気管切開は、日常的に行われる処置となっています。このトレンドは、更新を通じて臨床ガイドラインに反映されおり、PDT処置中に、フレキシブルな気管支鏡と気管支鏡誘導を即時に利用できるようにすることが推奨されています。

経皮的気管切開留置術を含む気道管理における困難は、2011年3月の広範なNAP4レビューで公表されたとおり、麻酔に関連する主な疾病と死亡を引き起こす最も重要な原因でした。調査結果に基づいて、NAP4レポートでは、経皮的気管切開留置術を支援するため、および気管切開チューブの位置を欠かさず確認するために、フレキシブルな気管支鏡をICUですぐに利用できるようにすることが推奨されました。

aScope 4 ブロンコは、内視鏡に明確な視界を提供し、操作者がガイドワイヤ、針、気管切開チューブが正確に配置されているかを確認できるようにして、患者への危害を防ぎます。

PDT中に気管支鏡が損傷する不安はありませんか?

PDT処置では気管支鏡がリスクにさらされます。実際、ドイツ、英国、米国の31の病院で、PDT処置中に、気管支鏡27台につき1台が損傷したと報告されています。これは、再利用可能な気管支鏡を使用して実行される他の処置で予想される損傷リスクの2倍です2。 

修理には費用と時間がかかり、予算と可用性(アベイラビリティ)に大きな影響を与えます。こうした損傷は、再利用可能な気管支鏡の使用コストがすでに高いにもかかわらず、コストを増加させるとともに、取得と再処理のコストも考慮する必要があります。ある研究では、再利用可能な気管支鏡を使用して行われたすべてのPDT処置の平均費用が、406ドルであることを明らかにしています2。 

aScope 4 ブロンコは、PDT処置中の視覚的モニタリングにおいて、再利用可能な気管支鏡の理想的な代替手段となり、1回のPDT処置につき157ドルを節約できます。

 

+100%*

損傷リスクの増大

$406

PDT処置1回あたりの平均コスト

$157

PDT処置1回あたりの節約コスト2

* 他のベッドサイド気管支鏡検査における予想損傷率との比較


詳細については、SpringerLinkの記事全体をお読みください。

aScope 4 ブロンコの主な利点

取り扱いが簡単

aScope 4 ブロンコの軽量設計により、取り扱いが容易になり、aScopeシステムが持ち運び可能であることから、集中治療室におけるベッドサイドでの処置に便利です。

内視鏡の明確な視界

aScope は、内視鏡に明確な視界を提供し、操作者がガイドワイヤ、針、気管切開チューブが正確に配置されているかを確認できるようにして、患者への危害を防ぎます。 

明確なコスト上の利点

シングルユースのコンセプトには、PDT処置において、再利用可能な気管支鏡の使用に通常伴う修理費用が不要になるという明確な利点があります。さらに、患者間での交叉感染のリスクがないため、患者の安全性が向上します。

PDT中におけるaScope 4 ブロンコによる内視鏡誘導

aScope 4 ブロンコは、内視鏡に明確な視界を提供し、操作者がガイドワイヤ、針、気管切開チューブが正確に配置されているかを確認できるようにして、患者への危害を防ぎます。

製品を見る

PDT中の気管支鏡誘導が、患者の安全性を向上させる可能性があります。

PDT中の気管支鏡誘導は、処置中に導入針、ガイドワイヤ、カニューレを適切な位置に誘導できるため、患者の安全性を向上させる可能性があります。

気管支鏡誘導を使用すると、気管壁の穿孔など、重篤な合併症を回避できる可能性があります。

ただし、気管支鏡誘導は、PDT中における患者の安全性を向上させるいくつかの要因の1つにすぎません。

Simon et al1によると、PDTを実施する際における最も重要な安全要因として、禁忌の厳格な考慮、処置全体を通じた気管支鏡誘導、経験豊富なチーム、低位置気管切開の穿刺部位の回避、ガイドワイヤのねじれの回避、および外部フランジ気管カニューレ縫合の使用が含まれます。 

PDT中の気管支鏡誘導が、患者の安全性を向上させます。

PDT処置後、気管切開チューブが適切に配置されているかを確認します。

参照

 

  1. Simon et al. Death after percutaneous dilatational tracheostomy: a systematic review and analysis of risk factors, Critical Care 2013, 17:R258
  2. Sohrt, A., Ehlers, L., Udsen, F.W. et al. Cost Comparison of Single-Use Versus Reusable Bronchoscopes Used for Percutaneous Dilatational Tracheostomy. PharmacoEconomics Open (2018)
keyboard_arrow_up