挿管

予想外の事態への備える

挿管における選択肢

いつでもどこでも、必要なときにすぐ使用できる、シングルユースのビデオ軟性気管支鏡のaScope 4 ブロンコ と、ビデオ喉頭鏡King Visionは、あらゆる種類の挿管に最適です。

基準は常に変化

臨床上、気道に関わる専門家の間では、患者の安全性を高めてコストを管理するために、視覚化デバイスの採用が拡大しています。

例えば、挿管のために高度な視覚化装置を使用することの利点が裏付ける臨床研究が現れており、この傾向はさらに加速しています。これは最新のガイドラインにも反映されています。困難気道管理に関するASAガイドラインと、英国の広範なNAP 4レポート1の両方において、気道管理ツールとして視覚化デバイスを追加することの重要性が強調されています。

気道管理における困難は、麻酔に関連する主な疾病と死亡を引き起こす最も重要な原因です。

Expect – Plan – Act

特別な専門知識を必要とする状況が発生することもあります。困難気道アルゴリズムは、臨床医が危険な状況に対処するのに役立つ強力なツールとして実用化されています。特定の状況で、どのデバイスを使用すべきかを知り、 これらのデバイスの使用について適切な訓練を受けることで、大きな違いをもたらします。

Ambuは、麻酔前における患者の評価と、目的とする挿管アプローチに応じて、予想されるシナリオと予期しないシナリオの両方に対するソリューションを提供します。どのような状況でも、導入しやすく、シンプルかつ柔軟で、汎用性の高いツールボックスをお届けできます。 

ビデオ喉頭鏡King Visionは、ルーティンとして行う挿管や、前気道に適しています。

aScope 4 ブロンコ シングルユース軟性気管支鏡は、目が覚めている患者さんと眠っている患者さんの両方で、経口および経鼻挿管に使用できます。 

困難気道に対応

aScope 4 ブロンコおよびKing Visionビデオ喉頭鏡は、声門構造の間接的な視覚化により、気管挿管を容易にします。喉頭への直接的な視野を提供できるため、口腔、咽頭、喉頭を整列させるという機械的課題を回避できます。

気管支鏡の有用性は繰り返し発生する問題である

困難な気道を管理するための機器が十分に利用できないこと、および、機器の使用に関する適切なトレーニングが受けられないことが、不良な転帰の主な原因・要因の1つと見なされてきた。気道検査または困難な気道管理のため、ファイバスコープに即時アクセスできないことが、問題として繰り返し発生していた1

— NAP4 ICU 推奨事項

気管挿管時に導管としてSGAを挿管

導管として挿管SGA(iSGA)を備えたaScope 4 ブロンコ スリムを使用して、予想される困難気道または予想外の困難気道を管理する戦略を取ることで、換気と酸素供給の中断を最小限に抑え、必要に応じ、後の段階で気管挿管への迅速な転換が可能になります。

参照

  1. NAP4 - 4th National Audit Project of The Royal College of Anaesthetists and The Difficult Airway Society.
    レポート全文を読む(英文)
keyboard_arrow_up