BAL & BW

ベッドサイドでの気管支鏡検査に理想的な気管支鏡

ベッドサイドでの気管支鏡検査

ほとんどのICUで、気管支肺胞洗浄(BAL)や気管支洗浄(BW)などのベッドサイドでの気管支鏡による処置は、集中治療医や他の呼吸器専門医が日常的に行う処置です。処置によって採取した細胞診サンプルと培養組織は、患者にとって適切な治療を調整するのに役立ちます1

 

すべてのICUで24時間対応の気管支鏡検査の提供が必要です。

人工呼吸器を装着している重症患者は、ICU入院中にいくつものリスクに直面しますが、人工呼吸器関連肺炎(VAP)は最も一般的なリスクの1つです。人工呼吸を必要とする挿管患者の最大28%が、VAPを発症すると推計されています。

VAPに関連して重大な結果が生じうることを考慮すると、タイムリーかつ正確な診断を行うことが重要です。気管支肺胞洗浄(BAL)による気管支鏡検査は、診断を行うための優れた方法です。

特にICUでは、気管支鏡検査が抗菌剤治療を遅らせる原因となってはいけません。そのため、気管支鏡をいつでもすぐに利用できるようにすることが重要です2

滅菌済みの製品が、いつでも利用可能。

aScope 4 ブロンコは、シングルユースの軟性気管支鏡であり、ICUでの幅広い気管支鏡検査処置にとって理想的です。aScope 4 ブロンコは滅菌済みで、交差感染のリスクを低減します。

ポータブルな「プラグ・アンド・プレイ(plug and play)」システムにより、持ち運びや準備が簡単です。そのため、気管支鏡の再処理や呼吸器専門医が到着するのを待たずに、患者さんをすぐに治療できます。

製品を見る

即時に利用できる気管支鏡の必要性

勤務中、必要なときにいつでも軟性気管支鏡を即時に利用できようになっているか、考えてみてください。夜間や、週末はいかがですか。

多くのICUでの一般的な方法は、気管支鏡タワーを依頼して、到着するまで待つことになります。しかし、時間を無駄にはできません。待機時間は、30分、または数時間におよぶ場合もあります。人員不足も、問題をさらに複雑にします。内視鏡の準備が整ったとき、適切なタイミングですぐに対応できる人員はいるでしょうか?

気管支鏡検査は、あなたのスケジュールに合わせましょう。

現在のスケジューリングと、aScope 4 ブロンコを使用した場合の
スケジューリングの比較

現在のスケジューリング

あなたは今日、4回の気管支鏡検査を行う予定だとしましょう。
すべてはスケジュールどおりに進むでしょうか。内視鏡が必要となり、スタッフの準備が整った時点で、内視鏡を確実に利用できる保証はありますか。 滅菌した内視鏡を入手するまでにかかる準備にはどの位かかりますか。 明日まで待つ必要がある場合、治療の遅延により、患者さんにどのような影響がありますか。

aScope 4 ブロンコによるスケジューリング

次に、必要なときにいつでも気管支鏡検査の予定ができると想像してください。気管支鏡システムの準備は数秒で終わります。あなたは、午前中にすべての処置を行うか、後で行うかを選択することができます。深夜2時以降であっても、気管支鏡検査を行えます。

シングルユースの気管支鏡は、リユーザブルな気管支鏡と同じように機能するでしょうか?

50件を超える研究と、独立的立場を有する2人の経験豊富な臨床医による評価に基づき、シングルユースはリユースと同様に機能するという回答が得られています。Ambu aScopeシングルユース気管支鏡検査ソリューションは、使いやすいと評価され、人工換気中の重症患者のBALおよびBWにおける成功率は100%でした2

100%

気管支セグメントでの主流となる

91%

吸引性能

96%

画質


20

患者数
(BALおよびBW)

2

気管支鏡検査医

100%

成功率 2

参照元

  1. A. Ernst, Introduction to Bronchoscopy, Chapter 9, pp. 85-96, Carla Lamb, Bronchial washing, bronchioalveolar lavage, bronchial brush, and endobronchial biopsi, Cambridge Medicine, 2009

  2. A. Ernst, Introduction to Bronchoscopy, Chapter 12, Jed A. Gorden, Bronchoscopy in the Intensive Care Unit, pp. 115-123, Cambridge Medicine,  2009

  3. McGrath AB, et al. Evaluating the Ambu aScope 3 system for bronch-alveolar lavage and bronchial wash in invasively ventilated patients. 2013, 26th ESCIM Annual Congress, Paris; 2013.

keyboard_arrow_up