気管支鏡の可用性(アベイラビリティ)

気管支鏡の不足が、過去のものになります。

 

 

軟性気管支鏡が利用できないことで、悲劇を招く可能性があります。

2011年3月、The Royal College of AnaesthetistsおよびThe Difficult Airway Societyによる第4回国家監査プロジェクト(NAP4)が、英国で1年間に発生・報告された主な気道管理合併症のすべてに関する包括的なレビューを発表しました。

困難な気道を管理するための機器がOR、ER、ICUで十分に利用できないことが、不良な転帰の主な原因・要因の1つと見なされました1

ICU気道合併症の50%が死亡につながりました2

36

ICU気道症例

4

脳損傷症例

11%

持続的神経障害

18

死亡

=50%

最終的に死亡

NAP 4の主な推奨事項

軟性気管支鏡を利用できないことは、患者にとって致命的となる可能性があります。そのため、NAP4調査に基づく推奨事項には次のものが含まれます1

  • 適切な視覚化装置への投資
  • 適切なトレーニング計画の実施

気管/気管切開チューブの位置を確認し、光ファイバー挿管または経皮的気管切開留置術を支援するために、軟性ファイバスコープをICUですぐに利用できるようにする必要があります。

— NAP4 ICU 推奨事項1

Dr. Mark Dunnが、すぐに利用できる気管支鏡の必要性について説明します。

いつでも滅菌状態。常に使用可能。

滅菌済みかつシングルユースのaScope 4 ブロンコは、必要なときにいつでも利用可能なため、患者の安全性とワークフローが向上します。
 

製品を見る

 

気管支鏡検査の計画

勤務中、必要なときにいつでも軟性の気管支鏡を即時に利用できようになっているか、考えてみてください。夜間や、週末ではいかがですか?

多くのICUで標準的な方法は、気管支鏡タワーを要請して、待機することです。しかし、時間を無駄にはできません。待機時間は、30分や数時間になる場合もあります。人員不足も、問題をさらに複雑にします。内視鏡の準備が整ったとき、適切なタイミングですぐに対応できる人員はいるでしょうか?
 

気管支鏡検査が、スケジュールの混乱要因となる必要はありません
現在のスケジューリングと、aScope 4 ブロンコを使用した場合のスケジューリングの比較

 

現在のスケジューリング

あなたは今日、4回の気管支鏡検査を行う予定だとしましょう。すべてがスケジュールどおりに進みそうですか? 内視鏡が必要となり、スタッフの準備が整った時点で、内視鏡が確実に利用できる保証はありますか? 滅菌した内視鏡を入手するまでにかかる準備はどのようなものですか? 明日まで待つ必要がある場合、治療の遅延により、患者にどのような影響がありますか?

aScope 4 ブロンコによるスケジューリング

次に、必要なときにいつでも気管支鏡検査のスケジューリングができると想像してください。気管支鏡システムの準備は数秒で終わります。あなたは、午前中にすべての処置を行うか、それよりも後に行うかを選択することができます。夜の午前2時でも、気管支鏡検査は行うことができます。

気管支鏡検査の遅延コスト

需要、再処理、修理を原因として、気管支鏡は必要な時に使えない場合があります。

緊急の状況下では、気管支鏡を即時に利用できることが非常に重要です。気道が確保できない場合、ほんの数分の遅れによって、患者が致命的な影響を受ける可能性があります。

ICUでは、BALや分泌物管理など、ベッドサイドでの気管支鏡検査に遅延が発生した結果、入院が長期化することもあります。

ORで、たった10分の手術遅延により発生する費用:

350ドル

 

参照​

  1. NAP4 - 4th National Audit Project of The Royal College of Anaesthetists and The Difficult Airway Society. レポート全文を読む(PDF)
  2. Cook TM, et al. Major complications of airway management in the UK: results of the Fourth National Audit Project of the Royal College of Anaesthetists and the Difficult Airway Society. Part 2 Intensive Care and Emergency Department. Br J Anaesth. 2011;106:632-42.

 

 

keyboard_arrow_up