FOREVER FORWARD

シングルユース医療機器の力を解き放つ

 

Ambu社は、デンマークに本社を置き、約80年以上の歴史を持つ、グローバル医療機器メーカーです。

初期の発明であるAmbuバッグ(蘇生器)やブルーセンサー(電極)、そして近年では、世界初のシングルユース軟性内視鏡を開発しました。シングルユース内視鏡においては、世界最大級のサプライヤとして、世界で最も認知されている医療機器メーカーの一社となりました。

 

シングルユース内視鏡をリードする存在

市場規模の拡大
今年、世界的に150万本のシングルユース内視鏡を販売しました。これは市場でも大きな割合を示します。

広範囲にわたる製品展開
私たちは、呼吸器科、耳鼻咽喉科、泌尿器科という幅広い診療科に対応しています

イノベーション
最大規模の製品開発部門をもち、450人のエンジニアが製品開発に尽力しています。

 

Ambu社は、NASDAQ OMXコペンハーゲンに上場しています。

80年以上の歴史をもつAmbu社は
いつでも時代の先端に


スピード感のあるイノベーション
ワークフローの改善やコストの最適化
患者ケア向上や命を救うことに尽力する従業員たちの成長

シングルユース内視鏡で変わる未来

得意とする分野

1937年以来、当社は、効率的な医療ソリューションを実現するための取り組みを、画期的なアイデアで推進してきました。当社が得意とする3つの分野で生み出されたものを紹介します。

ビジュアリゼーション(視覚化デバイス)

気道管理の成功は患者さんの状態を左右することがあります。日常の気道管理、気道管理困難時、または片肺換気や病床での気管支鏡検査時いずれであっても、シングルユース視覚化デバイスのすべてが、患者さんのケア向上を支えています。 

麻酔

1956年、Ambu社は世界初の自己拡張式人工呼吸器「Ambuバッグ」の革新的開発を成功させたことで、人命救助における歴史を変えました。半世紀以上経った今でも、私たちは医療従事者のための革新的な製品の開発に尽力し、救命とワークフローの効率化に貢献しています。

患者モニタリングと診断

1971年、Jan Rasmussenという名前のデンマーク人エンジニアが、生体信号から信頼できるトレースを取得する必要性を認識しました。それ以来、私たちは、正確な診断のため、高品質なシングルユース電極の設計と開発をリードしてきました。Ambuは、お客様のニーズを満たすために、多様な用途向けの電極を幅広く提供しています。

私たちの拠点

Ambu社はコペンハーゲン郊外のバレルプに本社を置いています。
私たちの製造拠点や研究開発や流通・販売を行っている国・地域をマップ上でご確認ください。

数字で見るAmbu社

(2018/19年度)

2820 m

収益(DKK)

4%

組織的成長

83

営業年数

4000

従業員

私たちのバリュー

当社の強みを具体化するため、3つのバリューを定めています。
以下の3つのキーワードが、私たちの企業文化と意思決定の際の基準としています。 

スピードを伴う結果

私たちは結果に焦点を当て、迅速な分散型意思決定を可能にします。

協力

私たちの仕事は、信頼に基づく協力、インクルーシブネス(包括性)に基づいています。

誠実さ

正直、信頼、誠実さは、私たちが正しく行動するための指針となります。

keyboard_arrow_up